超一流の向こう側

アラサーサラリーマンのお金の備忘録

自社株買い:7812 クレステック

f:id:PA29:20200725004853j:plain

新しい自社株買いイベント発生したので、購入検討したいと思います。

自社株買いの参考と関連記事

www.prokabu.com

参考にしたのは上記のものです。詳しくはこちらをどうぞ

実際に試した銘柄です。 

1822 大豊建設

 

7812 クレステック  の自社株買いについて

8/11付のニュースリリースで7812クレステックが自社株買いを発表しています。

7812クレステックのチャートです。

f:id:PA29:20200811222230p:plain

 

決算発表の概要はこちら

クレステック、前期経常は31%減益で下振れ着地・4-6月期(4Q)経常は赤字転落、今期業績は非開示

 クレステック <7812> [東証2] が8月11日大引け後(15:00)に決算を発表。20年6月期の連結経常利益は前の期比31.4%減の5.8億円に落ち込み、従来予想の6.4億円を下回って着地。なお、21年6月期の業績見通しは開示しなかった。

 同時に、今期の年間配当は未定とした。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(4Q)の連結経常損益は1.9億円の赤字(前年同期は2億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の5.6%→-4.3%に急悪化した。

株探ニュース

業績は下がっていますね。。。 

 

自社株買いについてはこちら

f:id:PA29:20200811222318p:plain

http://211.6.211.226/tdnet/data/20200811/140120200807478901.pdf

 

 

いつも通りの手順を追って確認します。 

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

手順1:自社株買いの大きさを調べる。

5%やそれ以上の自社株買いは非常に大きい自社株買いと言えるでしょう。

とのことです。

今回:110,000 株(上限) (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合 3.58%)

3%以上なのでクリア

 

手順2:買付期間と関与率

自社株買いを行う期間は、短いもので一ヶ月、長いもので一年と企業によって幅があります。狙い目となるのは、買い付け期間の短いものです。買い付け期間が短ければ短いほど先回りする参加者が増えます。なぜなら、短期間で取引の結果が出るからです。そのため、株価は力強い動きになる可能性が高いです。

 

「関与率」を見ることで、自社株買いが株価にどの程度、影響するかが推測できます。「1日あたり買い付ける株数」を「平均出来高(ここでは直近30日とします)」で割ります。これが市場への関与率です。目安は15%以上の関与率で、これは株価にじわじわと影響を与えていきます。これが30%以上になると上値を取りにいく非常に力強い値動きになる可能性が高いです。

http://www.prokabu.com/free/

 

買付期間:8月19日から9月18日まで23営業日で110,000 株購入

 7月の出来高:75,500

 1日当たり(18営業日):4,200株の出来高。

以下の式に当てはめると

関与率
 =(買い付け予定株式総数÷買い付け期間の営業日数)÷平均出来高

 自社株買いの関与率は

 (110,000 ÷23day)÷4,200=約110%となりました。

(計算間違えてないですよね?)

ただ、

7月の出来高:75,500

6月の出来高:487,300 

です。

6月で計算すると、

(110,000 ÷23day)÷(487,300 ÷22day=22,150)=21.5%

どちらにしても関与率が10%以上でクリアです。

 

手順3:買付方法を調べる

東京証券取引所における市場買付け

問題なし。

 

手順4:浮動株に対する割合を調べる

取得し得る株式の総数÷(発行済株式数×TOPIX用浮動株比率)

→浮動株数は四季報でOK?

110,000株÷(3,075,835x20.9%)=

110,000株÷642,849=17%

 

手順5:取引の判断

ということで数字が出たので先ほどの基準に当てはめます。

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

・発行済株式数の3%以上:3.58%で問題なし。

・関与率が10%以上:約21.5%(6月)で問題でなし

・浮動株に対する割合が5%以上:17%で問題なし。

 

3つ当てはまっているので、試しに購入してみようと思います。

 

 

いつ買う?

自社株買いは8/19からとなっています。

8/11の決算ではnegativeな数字が目立っていますが、今後注目銘柄です。

 とりあえず8/12は様子見の予定です。

 

おしまい

自社株買い:8750 第一生命HD

f:id:PA29:20200725004853j:plain

新しい自社株買いイベント発生したので、購入検討したいと思います。

自社株買いの参考と関連記事

www.prokabu.com

参考にしたのは上記のものです。詳しくはこちらをどうぞ

実際に試した銘柄です。 

1822 大豊建設

 

8750 第一生命HDの自社株買いについて

8/12付のニュースリリースで8750 第一生命HDが自社株買いを発表しています。

8750 第一生命HDがのチャートです。

f:id:PA29:20200812225320p:plain

 

直近の決算発表の概要はこちら

第一生命HD、非開示だった今期経常は64%増益へ

 第一生命ホールディングス <8750> が8月12日大引け後(16:00)に決算を発表。21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比26.9%減の767億円に減った。
 しかしながら、併せて非開示だった通期の業績予想は連結経常利益が前期比63.9%増の3580億円に拡大する見通しを示した。

株探ニュース

自社株買いについてはこちら

f:id:PA29:20200812225355p:plain

 

http://kabutan.jp/disclosures/pdf/20200812/140120200811479463/

 

購入チェック!

いつも通りの手順を追って確認します。 

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

手順1:自社株買いの大きさを調べる。

5%やそれ以上の自社株買いは非常に大きい自社株買いと言えるでしょう。

とのことです。

今回:32,000,000株(上限) (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合2.82%)

基準3%以上なので基準に届かずですが、ほぼ3%ですね。

 

手順2:買付期間と関与率

自社株買いを行う期間は、短いもので一ヶ月、長いもので一年と企業によって幅があります。狙い目となるのは、買い付け期間の短いものです。買い付け期間が短ければ短いほど先回りする参加者が増えます。なぜなら、短期間で取引の結果が出るからです。そのため、株価は力強い動きになる可能性が高いです。

 

「関与率」を見ることで、自社株買いが株価にどの程度、影響するかが推測できます。「1日あたり買い付ける株数」を「平均出来高(ここでは直近30日とします)」で割ります。これが市場への関与率です。目安は15%以上の関与率で、これは株価にじわじわと影響を与えていきます。これが30%以上になると上値を取りにいく非常に力強い値動きになる可能性が高いです。

http://www.prokabu.com/free/

 

買付期間:2020年8月13日~2021年3月31日まで157営業日で32,000,000株

 7月の出来高:74,000,000

 1日当たり(21営業日):3,523,809株の出来高。

以下の式に当てはめると

関与率
 =(買い付け予定株式総数÷買い付け期間の営業日数)÷平均出来高

 自社株買いの関与率は

 (32,000,000 ÷157day)÷3,523,809=5,7%となりました。

 

手順3:買付方法を調べる

信託方式による市場買付

問題なし。

 

手順4:浮動株に対する割合を調べる

取得し得る株式の総数÷(発行済株式数×TOPIX用浮動株比率)

→浮動株数は四季報でOK?

32,000,000株÷(1,133,548,075x13.9%)=

32,000,000株÷218,774,778=14.6%

 

手順5:取引の判断

ということで数字が出たので先ほどの基準に当てはめます。

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

・発行済株式数の3%以上:2.82%で達成せず。

・関与率が10%以上:5.7%で達成できず。

・浮動株に対する割合が5%以上14.6%で問題なし。

 

1つ当てはまっているので、試しに購入してみようと思います。

 

 

いつ買う?

自社株買いは8/13からとなっています。

チャートを見てみます。

f:id:PA29:20200812225554p:plain

 

上がっていますね。

ボリンジャーバンドも3シグマタッチしそうな感じですね。

また、決算発表16:00でPTSでは上昇している、日経が明日も好調だと株価上がりそうですね。なので、購入は少し様子見ながらにしようかと思います。

おしまい

自社株買い:6625 JALCOHD

f:id:PA29:20200725004853j:plain

新しい自社株買いイベント発生したので、購入検討したいと思います。

自社株買いの参考と関連記事

www.prokabu.com

参考にしたのは上記のものです。詳しくはこちらをどうぞ

実際に試した銘柄です。 

1822 大豊建設

 

6625 JALCOHD  の自社株買いについて

8/11付のニュースリリースで6625 JALCOHDが自社株買いを発表しています。

6625 JALCOHDのチャートです。

f:id:PA29:20200811231101p:plain

 

直近の決算発表の概要はこちら

JALCO、4-6月期(1Q)経常は8%増益で着地、今期配当を2円で16期ぶり復配へ

 JALCOホールディングス <6625> [JQ] が8月7日大引け後(15:00)に決算を発表。21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比7.8%増の1.6億円に伸びたが、4-9月期(上期)計画の3.7億円に対する進捗率は44.0%にとどまり、5年平均の53.4%も下回った。

 同時に、従来未定としていた今期の上期配当を見送るとし、従来無配としていた下期配当を2円実施しする方針とした。年間配当は2円で、16期ぶりに復配となる。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の61.5%→58.5%に低下した。
株探ニュース 

自社株買いについてはこちら

f:id:PA29:20200811231337p:plain

http://kabutan.jp/disclosures/pdf/20200811/140120200811479345/

 

いつも通りの手順を追って確認します。 

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

手順1:自社株買いの大きさを調べる。

5%やそれ以上の自社株買いは非常に大きい自社株買いと言えるでしょう。

とのことです。

今回:2,000,000 株(上限) (自己株式を除く発行済株式総数に対する割合 2.20%)

3%以上なので基準に届かず。

 

手順2:買付期間と関与率

自社株買いを行う期間は、短いもので一ヶ月、長いもので一年と企業によって幅があります。狙い目となるのは、買い付け期間の短いものです。買い付け期間が短ければ短いほど先回りする参加者が増えます。なぜなら、短期間で取引の結果が出るからです。そのため、株価は力強い動きになる可能性が高いです。

 

「関与率」を見ることで、自社株買いが株価にどの程度、影響するかが推測できます。「1日あたり買い付ける株数」を「平均出来高(ここでは直近30日とします)」で割ります。これが市場への関与率です。目安は15%以上の関与率で、これは株価にじわじわと影響を与えていきます。これが30%以上になると上値を取りにいく非常に力強い値動きになる可能性が高いです。

http://www.prokabu.com/free/

 

買付期間:8月12日から2021年2月11日まで125営業日で2,000,000 株

 7月の出来高:14,000,000

 1日当たり(21営業日):66,666株の出来高。

以下の式に当てはめると

関与率
 =(買い付け予定株式総数÷買い付け期間の営業日数)÷平均出来高

 自社株買いの関与率は

 (2,000,000 ÷125day)÷66,666=24%となりました。

 

手順3:買付方法を調べる

東京証券取引所における市場買付け

問題なし。

 

手順4:浮動株に対する割合を調べる

取得し得る株式の総数÷(発行済株式数×TOPIX用浮動株比率)

→浮動株数は四季報でOK?

2,000,000 株÷(90,670,318x2.3%)=

2,000,000 株÷2,085,417=95%

(計算あってるか?)

 

手順5:取引の判断

ということで数字が出たので先ほどの基準に当てはめます。

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

・発行済株式数の3%以上:2.20%で達成せず。

・関与率が10%以上:24%で問題でなし

・浮動株に対する割合が5%以上:95%で問題なし。(計算??)

 

2つ?当てはまっているので、試しに購入してみようと思います。

 

 

いつ買う?

自社株買いは8/12からとなっています。

低位株なのでとりあえず買ってみて様子見したいと思います。

ただ、ゴールドマンサックスが大株主でいるので、ちょっと警戒しながらです。

おしまい

マネ出来そうな投資手法:自社株買い 1822 大豊建設

f:id:PA29:20200725004853j:plain

日々や本で株式投資について調べておりますが、マネ出来そうな手法があるので、自分自身の備忘録として記載します。随時更新

今回は自社株買いです。実際に試したい銘柄も見つかりました。

自社株買い

www.prokabu.com

参考にしたのは上記のものです。詳しくはこちらをどうぞ

 

自社株買い発表しても購入しない場合もあるので注意

自社株買いを発表しても進捗思わしくない企業もあるので、必ず過去の実績を確認する。

伊藤忠は2019 年6月 12 日~2020 年6月 11 日までで、700 億円を上限とする

自社株買いを発表したが結果は購入せず。

https://www.itochu.co.jp/ja/ir/news/2020/__icsFiles/afieldfile/2020/06/12/ITC200612_1_J.pdf

 

しかしその後2020 年6月 12 日~2021 年6月 11 日700 億円を上限とする自社株買いを発表。

 今回は購入しているようです。

f:id:PA29:20200810113250p:plain

上記の例もあるため十分注意する。

 

 

1822 大豊建設  の自社株買いについて

8/7付のニュースリリースで1822 大豊建設が自社株買いを発表しています。

1822 大豊建設のチャートです。

f:id:PA29:20200810230611p:plain

この手法を試してみようと思いますが、まずは順をおって基準に当てはまるか確認です。

f:id:PA29:20200810230105p:plain 

https://www.daiho.co.jp/irinfo/kessan/2020/20200807-stock.pdf

 

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

手順1:自社株買いの大きさを調べる。

5%やそれ以上の自社株買いは非常に大きい自社株買いと言えるでしょう。

とのことです。

今回:発行済み株式数(自社株を除く)の5.93%にあたる100万株

大きい自社株買いに位置付けられますね。

 

手順2:買付期間と関与率

自社株買いを行う期間は、短いもので一ヶ月、長いもので一年と企業によって幅があります。狙い目となるのは、買い付け期間の短いものです。買い付け期間が短ければ短いほど先回りする参加者が増えます。なぜなら、短期間で取引の結果が出るからです。そのため、株価は力強い動きになる可能性が高いです。

 

「関与率」を見ることで、自社株買いが株価にどの程度、影響するかが推測できます。「1日あたり買い付ける株数」を「平均出来高(ここでは直近30日とします)」で割ります。これが市場への関与率です。目安は15%以上の関与率で、これは株価にじわじわと影響を与えていきます。これが30%以上になると上値を取りにいく非常に力強い値動きになる可能性が高いです。

http://www.prokabu.com/free/

 

買付期間:9月1日から21年8月31日まで246営業日で100万株購入

→9月1日から21年8月31日まで:246営業日で100万株購入

 7月の出来高:904,500

 1日当たり(18営業日):50,250株の出来高。

以下の式に当てはめると

関与率
 =(買い付け予定株式総数÷買い付け期間の営業日数)÷平均出来高

 自社株買いの関与率は

 (100万÷246day)÷50,250=約8%となりました。

買付期間が一年と長いですね。あとは関与率が8%と目安には届いていません。

 

手順3:買付方法を調べる

東京証券取引所における市場買付け

問題なし。

 

手順4:浮動株に対する割合を調べる

取得し得る株式の総数÷(発行済株式数×TOPIX用浮動株比率)

100万株÷(16,869,535株x0.01))=5.9%

 

手順5:取引の判断

ということで数字が出たので先ほどの基準に当てはめます。

以下の条件に当てはまるか試します。

例えば、複数の条件のうち、ひとつでも満たしていれば「買ってみる」というルールです。個人的には次の条件のいずれかに当てはまれば「買ってみる」に値する自社株買いだと考えています。

・発行済株式数の3%以上
・関与率が10%以上
・浮動株に対する割合が5%以上

http://www.prokabu.com/free/

 

・発行済株式数の3%以上:5.93%で問題なし。

・関与率が10%以上:約8%で問題で基準は達していないが近い水準

・浮動株に対する割合が5%以上:5.9%で問題なし。

 

2つ当てはまっているので、試しに購入してみようと思います。

 

 

いつ買う?

自社株買いは9/1からとなっています。

8/7の決算では前年比より上の決算で数字的には問題ないです。

f:id:PA29:20200810230108p:plain

ただ、夏枯れ相場かつ決算後の値動きが予想できなので、購入のタイミングが難しいです。。

8月中には購入したいと思います。

今後注目銘柄です。

 

追記:決算を無事乗り越えたので、2464円で100株購入しました。

9/1からが楽しみです。

 

おしまい

ネオモバ購入銘柄の購入ルールを見直しました。

f:id:PA29:20200725005435j:plain

ネオモバ投資をスタートして日が浅いですが、昨今の経済状況を加味してさらにルール改定しようと思います。より、景気低下のこの時期にできるだけ購入できるようにして、ネオモバ投資の全体のウエイトを大きくしようと思いました。その内容についてご紹介します。

続きを読む